分数ステッチの刺し方

分数ステッチ「私流」


私は図案制作の際、しばしば4分の3ステッチを使います。(図案中の小さいマークのところ)
繊細に表現したい時に使うのですが、特に猫の頭の部分には
必ずと言っていいほど入れています。
しかしながら、アイーダに分数ステッチを入れるのが嫌いな方も多いことでしょう。
そこで分数ステッチを綺麗に入れるための私流の方法を記します。


4分の3ステッチを刺すのにリネンであれば短いほうのステッチは1目に刺せばいいので何も問題はありませんが
アイーダの場合布目を割って刺さなくてはなりません。
刺し方がよくないとステッチが甘くなってしまい、シャープさが出せない仕上がりになることがあります。


そこで私流のやり方ですが、4分の3ステッチの所に来た時、この画像の図案の場合、
すぐ上の段にも4分の3ステッチがありますので4分の3ステッチの長い方のステッチを
まとめて先に入れてしまいます。入れ方はいわゆるバックステッチのような感じですね。


そうしますと、長いほうのステッチが甘くならずピンとしたステッチに入ります。
4分の3ステッチが1箇所だけポツンとあった場合も長いほうのステッチを入れる際に
針の運びに注意して長いほうのステッチがピンと張れるような針運びで刺します。

要はまず長いほうのステッチの針運びに気を遣い、甘くならないように注意します。


次に短いほうの刺し方です。

画像は角からまず針を出して、いよいよアイーダの目を割って刺すために針を突き刺したところです。
この針を突き刺す時、言うまでもなく布目の中央部分を刺すのですが、その時に4分の3ステッチの長いほうの糸1本を(2本取りで刺していますので、その1本という意味です)ひっかけて刺しています。


刺し終わった後、針の位置が悪いと布が見えてしまったりすることがありますが、長いほうのステッチの1本に
ひっかけて刺しておくことで1目の丁度半分が綺麗に塗り潰されたように糸で埋めることができます。

鋭角な4分の3ステッチのできあがりです。

4分の3ステッチの短いほう、または4分の1ステッチを刺す際についてですが、アイーダ生地の場合、
言うまでもなく布目の真ん中に布目を割って刺さなくてはならないので、上手に刺せないことも多いです。

私も、分数ステッチをするようになって初めのうちは尖った針で刺すようにしていましたが、それも面倒でした。
そこで私流の刺し方は、力で突き刺すのではなくまず針の先端を刺す場所に置いたら、針先は動かさず針の上に
指を置いて円を描くように動かします。何回かすると力を加えることなくすっと刺せます。
針自体を回すのではなく針の上に乗せた指を円を描くように動かすだけです。
このやり方をするようになってからは分数ステッチが嫌ではなくなりました。
針穴のあるほうとは言え、指に針が食い込んで痛いようでしたら指の腹に
絆創膏でも貼っておけば問題ありません。
(通常、わざわざ絆創膏を貼っておくほどではないと思いますが)よかったら試してみてください。

以上のことは、鋭角を綺麗に刺すために実践しているものですが、
場合によっては、それほど鋭角にならなくてもいいような図案もあるかもしれません。
最終的には刺繍で描く「絵」をどのように綺麗に表現するか、ということになりますので、
4分の3ステッチだからと言って必ず鋭い鋭角にならなければいけない、というわけでもないと思います。

あくまでもどのように仕上げたいか(絵の仕上がりを考えて)ということを考えて
気を遣えばよいことだと考えています。