ハーフステッチをたくさん刺す場合

糸を長めにカットして刺していると、ハーフステッチに限らずですが刺しているうちに糸が擦れて弱ってきます。
ハーフステッチの1本取り指定の時などに、アイーダ生地に長めの糸で刺し続けていると糸が弱って切れてしまう
ことすらあります。

ハーフステッチ(バックステッチの1本取りもそうですが)を刺す時には
糸は短めにして、糸が弱ってくる前に刺し終えるようにしているのですが、
糸を短めにカットすると糸替えが多くなり、糸の廃棄量も多くなります。
特にキット内の糸を使う場合、短めにカットして使うと、あとで不足しないか心配にもなります。

そこで

刺し始めの時、長めの糸を布に止めずに2分の1の長さは刺さずに出しておきます。
まずは片側(画像ではは左から)を先に刺し、終ったらもう片側(画像では右)を刺してはいかがでしょう?
糸が擦れて弱ることなく長いまま使用することができますね。
図案中のハーフステッチの場所が固まってたくさんある時などは有効ではないでしょうか。